1. >
  2. 電子書籍の今後と期待

電子書籍の今後と期待

電子書籍の種類が少ないように思います。ジャンル、著作者、国など、豊富な種類を揃えれば、閲覧数は、老若男女から格段に増えると思います。特に、子ども向けの種類を増やせば、親御さん、おじいちゃん、おばあちゃんは、子どものため!と、購入します。電子書籍は、今後、主流になるのは間違いありません!さらにスピードを加速させ、電子書籍周辺の環境、つまり、書籍の種類、広報宣伝を整備すれば、飛躍的に市場は拡大します。期待しています。

移動中の読み物としては電子書籍,じっくり読みたいときは紙書籍

電子書籍を利用しておりますが,紙書籍に比べると読みにくさは否めません。電子書籍は,紙書籍のように荷物になることがないの通勤の際電車内で利用するのにはとても便利です。何冊も持ち歩かなくても,スマホだけで対応できます。気分によって読みたい本を読むことが出来るのでとても便利。しかし,目は疲れます。特に乾燥する季節になると目が乾いてごろごろしたり,疲れ目を感じたりしやすくなりました。電子書籍は移動中の読み物としては便利ですが,じっくり読みたいときは紙書籍が良いです。

電子書籍は便利か

パソコンやスマートフォンが普及してから、書籍の電子化が一気に進みました。

電子化にすると、紙の節約になるし、かさばらなくて場所をとりません。

また、わざわざ本屋に足を運ばなくても購入できるのも嬉しい点です。

本を探すのも、簡単です。

ただ、使っている端末によっては、使いにくいかもしれません。

画面の小さいパソコンやスマートフォンは、やはり目が疲れますし、料理の本などは大きいものでないと見辛いです。

読む方向も、縦にスクロールしたり横にスクロールしたりなので、慣れるまでは読みにくいかもしれません。

こういった理由からも、紙の本を推す人はまだ多いですが、電子書籍化に完全移行する日はそう遠くないように感じます。

抵抗があったけど、今では電子書籍ばかりです。

もともと本を読むことが好きで、電子書籍には少し抵抗があったのですが、ここ最近は電子書籍をよく買うようになりました。

電子書籍にしてから通勤電車などスペースがないところでも邪魔にならずに手軽に本を読むことができるようになり、通勤のストレスが軽減されて満足しています。

電子書籍はしおり機能もありますし、アプリの機能でマーカーをひいたりすることもできるので、ある意味普通の本よりも便利な使い方ができると思います。

電子書籍がない作家さんなどもまだまだいるので、もっといろいろな作品が読めるようになればいいなと思います。