電子書籍と本

電子書籍はその場ですぐ読めるのでとても良いです。本だと注文してから時間がかかるのですぐ読みたいものは電子書籍です。そして何よりスマホで読めるので手軽で

かさばらないのが非常にいいです。何冊も持ち歩くと結構な重さですがスマホなら軽くて便利です。すぐ読めて、大きさ重さにも左右されないので読書が進み非常に便利に利用できています。ただ実際の本がないので、いらなくなったとき中古で売れないので、微妙ですし、買った手に入れたという感じが薄いのが難点ですね。

わざわざ本屋に行かなくても

昔は本屋にわざわざ行って、本を探し電車内で読むのも持ち歩かなくてはならず、収納場所にも限界がありあまり本を購入しない方でした。

しかし電子書籍が出来た今は、スマホ1つあれば電車内でも手軽に読め、収納場所にも困らずとても便利なツールです。主に今話題の小説や漫画を読みたいときにすぐ携帯払いで購入できなんて便利な世の中になったのだろうと感動しています。しかし、難点としてはダウンロードデータが飛んだときが困りもので、再ダウンロードするものの何ページまで読んだかわからなくなるところです。それ以外はこれからも電子書籍は使い続けていきたいです。

初めての電子書籍

最初、電子書籍を購入するという事は、自分にとって抵抗のある事だった。それは、読書が趣味の自分にとって、本を読むならやっぱり紙が一番で、チカチカ光る小さい画面で本なんか読めるか!という大きな固定観念があったからだ。

それが覆ったのが、友人が持っていたKindleをみせてもらった時だ。バックライトを使用しない柔らかい光のライトは目に優しく、携帯の眩しい画面を想像していた自分はとても驚いた。充電も携帯に比べてはるかに長持ちで、鞄に入れっぱなしでも読みたい時に充電切れということが少ないのも魅力に感じた。しかし、何といっても良かったのが、画面の質感だ。自然な色合いで、本当にインクで文字が書いてあるかのような感覚だった。そしてその読み心地は、本のそれとほとんど変わらないものだった。

何冊もの本をいつでも持ち歩け、紙と変わらぬクオリティで読める。それが分かった自分は、すぐにKindleの注文をし、めでたく電子書籍ライフを始めたのだった。

2巻目からは電子書籍で

以前電子書籍のサービスで漫画を購入しました。

続きをすぐに買える手軽さから、気がつけば1ヶ月で30冊程購入していました。

大量に買っても保管場所に困らない点、何十冊でも持ち歩ける点は電子書籍ならではの、紙媒体にはない魅力だと思います。

また、漫画喫茶に行ったり本屋で探す手間も省けるので、忙しく中々自分の時間を取れない時にも重宝します。

しかし、漫画は試しに1巻だけ買ってみる場合が多いので、電子書籍だと読み終えた後売却できないのがネックです。

自分は紙媒体の場合読み終えたら即売却するので、電子書籍も消去の際にキャッシュバックしてくれたら良いのになとたまに思います。

Booklive!

基本的には漫画を電子書籍で買っていました。

支払い方法が携帯払いでできるので、いちいちカードをコンビニに買いに行ってチャージし、と言うのがなくて便利で使い始めました。

漫画の種類が豊富で、古い漫画もたくさんあったので、ついつい懐かしい漫画を中心に読み漁ってしまいました。

しかし、携帯払いで読めることが逆に仇となって、読み過ぎてしまうので現在はやめてしまいました。

また、最新の漫画をいち早く読みたい!と思っていましたが、有名な漫画じゃないと更新が遅れることなどがあり、それも不満に思ったので、今はやめてしまっています。

dマガジン 無料
◇dマガジン知らないと損する利用方法とは?|雑誌読み放題アプリ徹底比較ガイドDM78
◇http://xn--d-zeuqb7j6d.com/

◇dマガジンに登録する前に要チェック!dマガジンを無料で読めるトライアルについても紹介されています!